Guesthouse Manmaru Bath

お風呂の入り方

こんにちは!4月中旬ですが庭のハイビスカスも咲き始め、屋久島は日中なら半袖で十分なぽかぽか陽気です。

今回は、展望風呂の入り方についてご説明します。まんまるのお風呂は離れに展望風呂が1つ、母屋にシャワールーム(浴槽あり)が2つあります。展望風呂は17時から21時まで。シャワールームは24時間ご利用いただけます。すべての浴室にシャンプー・コンディショナー・ボディーソープが備え付けてあります。ドライヤーはシャワールームに複数置いてありますので、その場でもしくはお部屋にてお使いください。

展望風呂はこちら。2018年に内装・外装をリフォームしました。男女入れ替わり制ですが、お客様によりチェックイン時間が様々なため時間帯での切替は行っていません。そのため入浴時はお客様にご協力いただいている点がいくつかあります。

お風呂の出入口の左側に「男」、「女」と書いた黒い板が2枚かかっています。こちらで入浴状態を切り替えます。

  

どちらも裏返っているときは、誰も入っていません。ご自分の性別を表に向けてご入浴ください。「男」が前の時は男性が入浴中です。男性はご入浴いただけます。同様に「女」が前の時は女性が入浴中ですので、女性がお入りください。展望風呂にはシャワーが4つあり、浴槽も広いため4〜5人が同時に入ることができます。

そしてもうひとつ。ご家族やご夫婦で入浴される際は貸切風呂となります。「男」、「女」両方の札を表に向けてください。この時は他のお客様は空くのをお待ちください。

またお風呂を出る最後のお客様は再び札を返して裏向けてください。

こんな風にまんまるではちょっとアナログな方法でお風呂に入ります。お客様が毎回お風呂の状態を確認するのは難しいので、基本的にこちらでお風呂の状態を確認し、空き状況をお客様にお知らせしています。

そして夕食時間が18:30からのため、食事付きのお客様は夕食前・夕食後どちらかのご入浴になりますが、まんまるではお食事前のご入浴をおすすめしています。

①窓から眺める絶景が爽快!

まんまるの展望風呂は青い海と青い空が広がっていて、その景色を眺めながらゆったりお風呂に浸かるのが最高に気持ちいいんです。日が暮れてしまうと真っ暗で何も見えません。せっかくなのでお客様にもこの景色を味わっていただきたい!というのがまんまるの気持ちです。

②トレッキングの疲れを癒やす! または 明日の登山に備える!

縄文杉や白谷雲水峡からのお帰りの際、またはカヌーやダイビングなどのアクティビティの後は汗ばんでいたり、運動した疲れが溜まっていますよね。すぐにでもお風呂に入ってさっぱりしたい!という方は広い湯船でゆっくりと足を伸ばしてください。また、次の日が登山で早朝出発のお客様は明日に備えて早く寝るのが鉄則です。ご飯を食べたりお酒を飲んだ後って、ちょっと休憩したくなりませんか?まんまるの夕食は割と量が多めなので、満腹で今すぐお風呂に入れない…という方もいらっしゃいます。お風呂は早めに済ませて夕食を楽しんで、後は寝るだけ!の状態にしておくのがおすすめです。

③夕食後は混みがち

トッピー最終便でいらした方や、下山が遅れた方はどうしてもお風呂が後の方になってしまいます。その日の状況にもよりますが、夕食後が混み合うこともあるので、チェックインが早い方は夕方中のご入浴の方がゆっくりお風呂につかれます。

もちろん、お風呂は後で入りたいという方はお伝えください。お客様がスムーズに気持ちよくご入浴いただけるようご案内させていただくのでご安心くださいね。それでは、まんまるのお風呂をどうぞお楽しみください。

 

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.