屋久島は7月を過ぎた頃に梅雨明けし、晴天のジリジリした暑さが続いています。猫たちも日陰でぐったり… 南の島でもある屋久島は気温の高いイメージかもしれませんが、7月・8月は意外にも東京よりも気温が低いようです。もちろん屋久島もすごく暑いんですが、水が山から海へと巡るように、豊かな自然の循環が暑さも和らげてくれているのかもしれません。 屋久島は山・海・滝と、どこにいてもアースカラーが目に入る自然の遊び場たっぷりの島ですが、今回は横河渓谷を紹介したいと思います。 屋久島は ”川・河” を「ごう」と読む習慣があり、例えば淀川(よどごう)、花之江河(はなのえごう)、大川の滝(おおこのたき)などなどと同じく、横河渓谷は(よっごけいこく)といいます。 安房からは車で45分ほどの場所、ウミガメ上陸で有名な「永田いなか浜」のある永田地区にあります。入り口は県道からは少し入り組んだところにありますが、駐車場やトイレがあり、渓谷までの森の中も足元や手すりなどが整備されていて歩きやすいです。 5分ほど森の中を歩いていくと、巨大な岩とエメラルドグリーンに透き通る水面が見えてきます。   巨大な花崗岩の間を流れる清流は冷たくて、水音を聞いているだけでも涼しさを感じられます。一枚岩が天然のウォータースライダーになっていたり、岩の上でちょこっと水遊びができる水たまりや泳いで楽しめるところもあるので、水着でも普段着でも水遊びができます。ただ雨期は水量が増し水の流れも早く危険ですので、雨が降った次の日なんかは控えてくださいね。   夏といえば、海! 山!…だけじゃなく、屋久島にはとても綺麗な川もあります。お弁当を持って、カフェでテイクアウトして、自然に囲まれた中でランチをするのもピクニック気分でとっても楽しくおいしいです。島内ドライブに出かけた際は、是非横河渓谷に立ち寄って涼を感じてみてください!...

こんにちは!ゴールデンウィークが過ぎ、屋久島はすっかり夏の気候です。晴天の日は海や川に浸かりたいような暑さです。 今回は3月から5月にかけてのまんまるのお食事の一例を紹介します!   3月から4月にかけては、屋久島産のアサヒ蟹が水揚げされました。茹でる前からすでに美しい赤色をしていることが、"朝日"蟹といわれるゆえんだそうです。グレードアップメニューの一種としてお出ししていますが、運が良ければ酢の物として並ぶこともあります。    亀の手に似ていることからそのまま名前がついた「カメノテ」や鹿児島名産のひとつ「キビナゴ」が前菜に並びました。そして安房港で日本一の漁獲量を誇る屋久島名物「トビウオ」 "あご”ともいわれ、お味噌汁ではあごだしのいいお出汁が出ます。まんまるではお刺身やお吸物、ボリューム満点の姿揚げなどでお出ししています。羽や頭も食べられるんですよ!目が大きく蛍光色に光ってみえる「メヒカリ」は小振りな白身魚ですが、唐揚げにして食べると身がホクホクしてとっても美味しいです!   5月にはタケノコの一種「淡竹(ハチク)」が旬を迎えました。下ゆでした後に炙り焼きした熱々の筍の皮を向いて、豪快にかぶりつきます。 他には、首折れサバがお刺身として出たり(首折れサバは1日しかもたない超新鮮魚なので仕入れ日に当たった方はラッキーです!)5月からは初もののスイカが出る頃です。こんな風に季節物を味わえるメニューでお迎えしています。 そしてまんまるの料理長も務める大将がコチラ!お客様とのコミュニケーションが大好きなので、厨房にとどまっていられず話しかけに行くこともしばしば。外国人のお客様でもバリバリの日本語とジェスチャーでどうにかこうにか会話を成立?させています。とってもパワフルな大将も、夕食のお楽しみのひとつですので是非一度まんまるに会いに来てください!...

こんにちは!4月中旬ですが庭のハイビスカスも咲き始め、屋久島は日中なら半袖で十分なぽかぽか陽気です。 今回は、展望風呂の入り方についてご説明します。まんまるのお風呂は離れに展望風呂が1つ、母屋にシャワールーム(浴槽あり)が2つあります。展望風呂は17時から21時まで。シャワールームは24時間ご利用いただけます。すべての浴室にシャンプー・コンディショナー・ボディーソープが備え付けてあります。ドライヤーはシャワールームに複数置いてありますので、その場でもしくはお部屋にてお使いください。 展望風呂はこちら。2018年に内装・外装をリフォームしました。男女入れ替わり制ですが、お客様によりチェックイン時間が様々なため時間帯での切替は行っていません。そのため入浴時はお客様にご協力いただいている点がいくつかあります。 お風呂の出入口の左側に「男」、「女」と書いた黒い板が2枚かかっています。こちらで入浴状態を切り替えます。    どちらも裏返っているときは、誰も入っていません。ご自分の性別を表に向けてご入浴ください。「男」が前の時は男性が入浴中です。男性はご入浴いただけます。同様に「女」が前の時は女性が入浴中ですので、女性がお入りください。展望風呂にはシャワーが4つあり、浴槽も広いため4〜5人が同時に入ることができます。 そしてもうひとつ。ご家族やご夫婦で入浴される際は貸切風呂となります。「男」、「女」両方の札を表に向けてください。この時は他のお客様は空くのをお待ちください。 またお風呂を出る最後のお客様は再び札を返して裏向けてください。 こんな風にまんまるではちょっとアナログな方法でお風呂に入ります。お客様が毎回お風呂の状態を確認するのは難しいので、基本的にこちらでお風呂の状態を確認し、空き状況をお客様にお知らせしています。 そして夕食時間が18:30からのため、食事付きのお客様は夕食前・夕食後どちらかのご入浴になりますが、まんまるではお食事前のご入浴をおすすめしています。 ①窓から眺める絶景が爽快! まんまるの展望風呂は青い海と青い空が広がっていて、その景色を眺めながらゆったりお風呂に浸かるのが最高に気持ちいいんです。日が暮れてしまうと真っ暗で何も見えません。せっかくなのでお客様にもこの景色を味わっていただきたい!というのがまんまるの気持ちです。 ②トレッキングの疲れを癒やす! または 明日の登山に備える! 縄文杉や白谷雲水峡からのお帰りの際、またはカヌーやダイビングなどのアクティビティの後は汗ばんでいたり、運動した疲れが溜まっていますよね。すぐにでもお風呂に入ってさっぱりしたい!という方は広い湯船でゆっくりと足を伸ばしてください。また、次の日が登山で早朝出発のお客様は明日に備えて早く寝るのが鉄則です。ご飯を食べたりお酒を飲んだ後って、ちょっと休憩したくなりませんか?まんまるの夕食は割と量が多めなので、満腹で今すぐお風呂に入れない…という方もいらっしゃいます。お風呂は早めに済ませて夕食を楽しんで、後は寝るだけ!の状態にしておくのがおすすめです。 ③夕食後は混みがち トッピー最終便でいらした方や、下山が遅れた方はどうしてもお風呂が後の方になってしまいます。その日の状況にもよりますが、夕食後が混み合うこともあるので、チェックインが早い方は夕方中のご入浴の方がゆっくりお風呂につかれます。 もちろん、お風呂は後で入りたいという方はお伝えください。お客様がスムーズに気持ちよくご入浴いただけるようご案内させていただくのでご安心くださいね。それでは、まんまるのお風呂をどうぞお楽しみください。  ...

雨の多い屋久島も、ここのところ清々しい晴天が続いています。今回はまんまるのすぐ目の前にみえる海までのお散歩コースをご紹介します! 左に曲がるとまんまるに到着するこちらの一本道を通り過ぎて、「海まで180歩」の看板が目印。ここを右に曲がります。 草原のなかをてくてく歩いていきます。なんだかトトロの森のような雰囲気ですよね。   すると河原と岩場の先に海が開けてきます。屋久島は海の中のマグマが隆起し、侵食風化した岩から成る島。周りの海岸線も堆積岩でできているところがほとんどです。(砂浜が広がる浜辺は一湊・永田いなか浜・栗生浜などがあります) ...

こんにちは!屋久島 旅人の宿 まんまるです。まんまるは屋久島にて2003年より家族で営む家庭的な民宿です。 Hello! We are guesthouse Manmaru in Yakushima. Our accommodation has been run by family since 2003. 宿の位置する安房は縄文杉登山にもアクセス良好。レンタルショップやスーパー、郵便局、レンタカー、ガソリンスタンド、お土産屋さんもほど近く、カフェ、レストラン、居酒屋、バーなどのお食事処も豊富です。 The Anbo area is convenient access for Jomon-Sugi climbing. It is near rental shops, super market, post office, car rental service, gas station, souvenir shops. And There are...